銀行系カードローンならば総量規制も大丈夫

銀行という金融機関は、確かに消費者にお金を貸します。
それも銀行の立派なビジネスの一つです。
しかし銀行は貸金業者とは違って、お金を貸すことを専門にしているわけではないのです。ですから、銀行は貸金業者の中には含まれません。

それゆえ銀行は、貸金業者を対象とした総量規制の対象にはならないのです。ちなみに総量規制とは、年収の三分の一を超える融資をしてはならないという決まりのことです。

たとえば年収300万円の人ならば、消費者金融などの貸金業者からは最大でも100万円までしか借りられません。しかし銀行のカードローンなどを利用すれば、100万円を超える借り入れも可能なのです。しかしここで大切なことは、あくまでも「借り入れは不可能ではない」ということです。決して、「絶対に借りられる」ということではありません。
とにかくカードローンやキャッシングでの借り入れは、総量規制の対象であろうと無かろうと、借り過ぎたら返済に行き詰まってしまう危険があります。くれぐれも借り過ぎには気を付けましょう。

Categories: 借り入れワンポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>